適当毎日の、ほぼ自分用日記のような…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴルフと私とどっちが大事なの!編
2006年09月16日 (土) | 編集 |
今日は早めに帰ってきちゃった。これといった理由もなく、ただ暇になったから。(こんな社員がいて大丈夫か、うちの会社)
でもまあ、今週もたっぷり働いたので少し余分に休ませてください。←ここでお願いしても。



さて、3回分溜まってる「クィア・アイ」の感想。(本当は最初の2回分も感想書いてないけど)
まずは前々回から。

ターゲットは37才のマーク。170センチで股下69センチ。カーソンのひとこと「なんて短い脚!」でスタート。…確かに短いかも。
高校のバレーボールのコーチで、生徒が応募したらしい。ここでもカーソンが「対戦するの?」って。あんたら5人しかいないでしょうに…。でもカイアンとか上手そうなイメージ。
奥さんのシンディはすごい笑顔美人。ショートヘアのチャーミングな人。赤ちゃんがいて幸せ一家っぽいけど、マークはとにかくゴルフ好きで、バカンスもゴルフ場のある所にしか行かないそうな。シンディ曰く「私には興味ない」って、かわいそうに。
で、突撃前に映ったこの家の外観がすごく好き。なんかおかしの家みたいな感じだった(何それ)。

カイアン:
頭髪がちょっとヤバい感じのマークを連れてスパへ。一緒にスパに入るのかなと思ったら、マークの頭皮のマッサージ。
スパは気持ちいいからシンディを誘って行くようにアドバイス。ゴルフ三昧のマークのせいで、今日のファブ5はとってもシンディに同情的。
そりゃそうと、今回カイアンは結構無精ひげ。でもカッコイイ。さすが普段ヒゲの手入れにうるさいだけのことはあるなあ。

テッド:
マークの家はアイスクリームだらけ。ちょっと私は親近感。
シンディは小麦アレルギーで小麦粉がだめ。でも他の素材の料理用材料がいっぱい売ってた。すごいな、今回のお店は品物がいっぱいでめちゃ楽しそう。
結局作るのはベリーのパフェ。おいしそう、私はあんまりパフェって好きじゃないけど、これいいな。あとワインが美味しそうだった。
マーク家を去る時、今日のバレーの試合について「50ドル賭けたんだから勝ってくれよ」と言い残して去る姿がカッコイイ。
でも改造前にカーソンと家具を投げ捨てて、ついでに自分たちも雪の中に突っ込んじゃってたのはいつもの愉快なおじさんだった。
二人の子ども見てうれしそうだったなあ。テッドって子ども好きだよね(だからジェイと仲いいのか!?)。

ジェイ:
カーソンの服選びに一緒にゴルフショップへ。そこでマークとバーチャルゴルフゲームで勝負。ジェイってゴルフのイメージ無いけど、どうやら勝ったらしい。
マークをリラックスさせるためにゲームしたって言ってたけど、テッドにゴルフクラブで羽交い絞めにされたりしてたし、カーソンに「まだやってるの?」って言われてたし、単に遊びたかったと思われてんじゃ…?
しかしさすがにジェイの仕事はそれだけじゃなくて、不妊治療が長かったマークとシンディのために、「いつもは僕が用意しないんだけど」と言いつつ結婚式とやっと生まれたベイビィの写真が入ったロケットペンダントを用意。「どんなにシンディを大切にしてるか伝えて」とジェイ。いい人だなあ。

トム:
私の気に入ったあの家は古い家らしく、造りがクラシックなのでそれに合わせてミッションタイプとクラシックタイプの家具を合わせてた。部屋の入り口のアーチとテーブルのカーブまで合わせててすごい。
マークが「これがいい」と言ったのは、何とゴルフクラブが脚になってるコーヒーテーブル。でもトムは「普段は選ばないけど、あなたがそう言うならコーディネイトしてみるよ」って。ステキ!
トムもシンディが気に入って、「あなたの奥さん大好き」と言ったらシンディが「私と結婚する?」とおふざけ。当然「それだけはありえない」とテッドが突っ込み。
最後にマークが暖炉を火をつけてたら煙がボウボウ。「家具を汚したら殺す」とトムのワイルドな一面が。

カーソン:
とにかくゴルフ好きなマークのために、ゴルフショップで服選び。ゴルフ用の服ってアメリカも日本もあまり変わらないな、ていうか日本の方がおしゃれっぽいかも。
マークの家には舞台用の小道具とかもあって、その中の消防士の服着てダサい私服を暖炉で燃やしてた。ナイロンとポリエステルはダメなのね、でもそう言われても経済的な事情ってもんが(私の場合)。
脚が短いマークのために選んだ服はベーシックな感じだけど落ち着いてていい。
さらにコーチのマークのためにホイッスルまでプレゼント。彫られた文字は「ファブ5からキスを」。いいなあ。


今回の改造後VTRはまず学校から。
学校のバスルーム、すごいボロい。「世界一みすぼらしい」とトム。
そこでランニングにバスタオルを巻いたマークを見て、「何あれ?」「とにかく間違ってる」とカーソンとテッド。でもまあ、最終的にはカッコいいコーチの出来上がり。
かっこよくなったマークに生徒も奥さんも大喜び。そのせいか?試合も無事勝利。試合の時に5人だけでウェーブしてるファブ5がかわいかった。
そのあと家に帰ってデザート作り。なんかいろいろ失敗してて、テッドの作ったのに比べて見た目も悪かったんだけど、シンディは喜んでた。ロケットペンダントをもらったあたりは笑顔美人が泣きそうになってたよー。よかったよかった。



前回分と今回分の感想はまた近々。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。