適当毎日の、ほぼ自分用日記のような…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は失敗・5人も私もガックリ編
2006年08月12日 (土) | 編集 |
お盆休みの間も仕事があるのはまあいいんだけど(道とかすいてるし)、時期をずらして夏休みが取れるわけでもないのが問題だ。
10月ごろにひっそり休もうかな。日本GPのあたりとか。
鈴鹿、来年は無さそうだしガッカリ。

「有頂天ホテル」のDVDが届いたのでさっそく見た。
“何も考えずに見て、見終わったあとに何も残らない映画”
という、三谷監督の目指すそのまんまだなぁ。
普通に楽しんだ。
しかし三谷映画のDVD、特典映像がいつもちょっと不満。
メイキングとかもっと入れて欲しい。撮影風景を。
出演者のインタビューもあれだけ数いるのに少なすぎ。
そして「クネクネダンス」。隠しで入っているそうなので探さなきゃ。



「クィア・アイ」9回目。今回はつまらなかった。
ファブ5はいつも通り愉快な人たちだったけど、今回はターゲットがまずかった。
韓国系のジェームズで、そこそこハンサムで背が高い先生(どうでもいいけど、最近背の高いターゲットが多いなぁ)。
応募したのかジェームスではなく、ガールフレンドのテイビー。
ファブ5は採用されたことを伝えず抜き打ちでジェームズの家へ。

いきなり現れた5人が好き勝手に家を荒らすのを見て、ジェームズがマジ切れしてた。いかにも保守的で生真面目な韓国人青年という感じで、その切れっぷりに5人も見てる私もちょっと引いてしまった。
しかしまあ、やがては諦めて5人の改造講座を受けることに。諦めるしかないけどね、窓からソファ投げ捨てられちゃったら。

ジェームズはヨークシャーテリアのロッコを飼っていて、これがまあ、そこらでおしっこしたり、すぐ噛み付いたりで、明らかに躾がなってない。
それでジェイが自分の愛犬(ニモ)と一緒に躾教室へ行ってた。
(いくらジェイでも、私は犬にお洋服を着せるのが好きじゃないよ…)

結局ジェームズは彼らの手ほどきでがんばったんだけど、段取り悪いのか不器用なのか失敗ばかり。で、一生懸命やったにもかかわらずテイビーには何から何まで不評。
ファブ5も彼女のことは酷評してて、私も一言で言うなら「ヤな女」だと思った。
彼氏が初めて作ってくれたデザートなんだから、「酸っぱい」だけじゃなくて何か言えよ…。

「今回は失敗」とファブ5も認めてた。最後はもうどうしようもなく、ロッコに乾杯。

カイアン:
最初「髪型を変えるといい」と言っていたので変えるのかと思えば何もしなかった。
今回はジェームズにタイ式マッサージを教えて、それをテイビーにやってあげるよう指示。
しかし、テイビーがあんまりわがままなので、VTRを見てる時には「やっぱりやめろ」と言い出す始末。やはり抜き打ちはリサーチ不足が祟るのでは…。
ジェームズにスキンケアを教える代わりに、ジェームズにゴルフを教わってた。
ジェームズの髭剃りの様子を見ると、ちゃんと教えてないんじゃないの?って感じだったけど(^^;)

テッド:
テイビーがエキゾチック料理が好きだと聞いてモロッコ料理のケータリングを手配。おいしそうだったー。
ジェームズにはタルト(台は用意してあって中身だけ)とソルベを教えてた。ソルベ作ったアイスクリームメーカーはあげるってことなのかな、だったらうらやましい…。
ジェームズは確かにあまりうまく作れなかったんだけど、それでもモロッコ料理を「辛い」と言ったりデザートを「酸っぱい」と言ったり、相手を思いやる言葉一つ出ないテイビーにがっかり。ソルベだけは美味しいって言ってたけど。
改造前、テッドはカーソンとアメフトごっこして遊んでた。あれはテッドの勝ちでいいのか?

ジェイ:
今回ジェイも激怒。というのは、ジェームズがわんこの躾を守らなかったから。
せっかく綺麗になった部屋にさっそくおしっこされちゃったし、料理の材料食べられたりとイタズラし放題。
それ見て「腹が立った」と率直な感想。
でもホントに犬が好きみたいで、改造前はロッコを構い倒してた。
カーソンがロッコに噛み付かれたのを見て大うけしてた姿はかわいかったけど。
インスタントラーメンを見て「こんなのばっか食べてちゃだめだ、身体に悪い」とクレーム。ドキッとしましたよ、私ゃ。
あと、ジェイは今回一転して髪がクルクルしてたけど、ホントのとこどうなの?パーマをかけたの?ストパーやめたの?なぞだ…。

トム:
今回はソファと椅子に限る。トムのセレクトはいつも狂いなし。あの椅子私も欲しいなあ。すごい居心地よさそう。
そしてトムはキャンドルを使うのとリンゴを飾るのが好きだね。
キャンドルは私も好き、リンゴはまぁ…食べられるなら(実用主義)。
テイビーを見たがってたのもトムだけど、VTRで実際に見て一番幻滅してたのもトムっぽかった。
通常はターゲットの彼女や家族に対して、一番に「可愛い」と言ってくれるのがトムなので、そのトムがまず「彼女はわがままだね」と言ったあたりが今回の全てか。
それにしてもシンプル好きな人にはシンプルで機能的な部屋を用意してあげるトム、すごいなあ。

カーソン:
いいこちゃんぽい服ばかりのジェームズに、おしゃれなカジュアルを用意。背も高いし結構ハンサムなのでかっこよく着こなしてた。
それから洗濯苦手のジェームズにアイロンかけを指導。私のやり方とほぼ同じ手順だったので一安心。
しかし、ジェームズは結局一人になるとアイロンかけできなかったし、カーソンが買ってあげた靴はロッコが咥えて遊んじゃうし。「ひどい」と叫んでたカーソンのがっかり顔は気の毒だった。
でもジェームズ、「服はお母さんが韓国で買って来る」って友達に言われてたけど、ホントかな。私だってもしアメリカに住んでたらアメリカで服買うと思うけど。

とにかくノリの悪いターゲットと「彼女ときたら」と評されたガールフレンド。
そういう人を改造するのも一興だろうけど、やっぱり見てて楽しい方がいい。
しかしジェームス、本気であんな彼女がいいのか!?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。