適当毎日の、ほぼ自分用日記のような…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと鑑賞
2006年07月25日 (火) | 編集 |
アイシティシネマは火曜日が女性サービスデーなので、今日の仕事帰りに「サイレントヒル」を観てきた。
この映画、原作のゲームが好きなので観たかったんだけど、なぜかアイシティシネマはずっと昼間の12時くらいから1回しか上映してなくて参った。
昼間の12時って、「サイレントヒル」観に行くような人が動ける時間じゃないでしょ!あれはゲームかホラー好きな会社員とか高校生とかが見る映画でしょ!
このまま公開終了になるのかと焦ってたら、今週は夜やってくれた。良かった。

で、観たんだけど、よくわからなかった…ばか…。
いや、雰囲気はホントにゲームの世界観まんまで、音楽も同じ曲使ったりとかしてて嬉かったんだけど。話がどうも、前半説明不足で終盤説明しすぎだったり、ゲームとも違う展開だったり、ちょっとよくわかんなかった。
でもゲームやってない人はさらにわからないんじゃ…?世界が表裏切り替わるところとか、突然いるリサっぽい看護婦さんとか、説明ナッシングで登場するクリーチャーとかさ。

クリーチャーといえば、よくできてた~。ナイスバディのバブルヘッドナースとか、三角頭とか見れてわたくし大喜び。
クリーチャーを実写で観る、というだけなら本日は大成功なんだけど。
映画のストーリーだと、なんで三角頭がいるのかわかんない。
サイレントヒル2のゲームでは非常に納得いく存在理由だったんだけどなぁ。
2こそ映画にならないかな。あれも難しい話だったけど好きだなあ。
今回主人公はハリーじゃなかったけど、2をジェイムス主役でぜひ。

結局ゲームの雰囲気だけ楽しんできました。
アレッサ役の子は天才かと思ったけど(でも英語だから演技力がうまく判断できん)。
怖くは無かったけどちょいグロ。でももう一回ゲームやりたくなったかな。
ただあのゲームはアクション要素が得意じゃないので、とりあえずサントラでも聴こう。
この映画もDVDになったとき、ディレクターズカットでUFOエンドとか入れてくれないかな~。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。