適当毎日の、ほぼ自分用日記のような…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お笑いも人それぞれ
2007年01月28日 (日) | 編集 |
以下全体的に敬称略。

アマゾンで友達が大絶賛してたタカトシのDVDを注文したのだけど、うっかり入荷に時間のかかるもの(F1の四コマまんが本)も一緒に注文してしまったので、まだ2週間以上待たないと届かない。それまでに見る気が失せたらどうしたもんか。

タカトシといえば、今年はじめの「お笑いドリームマッチ(だっけ?)」にもニューカマー枠として出てた。優勝は志村けんとさま~ず三村のコンビだったけど、タカとほとちゃんも結構好きだったな、ほとちゃんグダグダだったけどそれもまた。

姉もタカトシが好きで、珍しく姉妹の好みが一致している今日このごろ。(ていうか姉はドラマ班で私がバラエティ班だからなあ)
春に姉が帰省することがあったら一緒にタカトシDVDを見よう。


DVDといえば。「人志松本のすべらない話」のDVDも当然のように持っている。
こっちでいつ放送してるかさっぱりわからず、評判だけ聞いて見れなかった時期が長かったので、DVDはうれしかったなあ。

で、アマゾンでたまたまこのDVDのレビューを見た。人の感想はそれぞれだなあ、と改めて思う。「一番腹を抱えて笑ったのはこの話」と書いてあるレビューとかが、逆に私はそんなに面白くないなーと思った話だったりするのだ。
ちなみに私が一番面白かったのは、第1回では宮川大輔の姉のアゴの話、第2回では千原ジュニアのタクシーの話、第3回はケンドーコバヤシの希望総連の話、第4回は千原ジュニアのキム兄の話。
4回の中では第3回が一番面白かった。
と、つまりここであげた話が一番面白いとは思わなかった人もたっくさんいるわけで、中には「その話すげーつまんなかった」って思ってる人もいるんだろうな。
万人に受けるというのは結構大変なもんで、そう考えると「何度話しても絶対にすべらない話をするだけ」というシンプルな番組でも芸人さんたちが緊張するのわかる気がする。

それにしても、くりぃ~む有田。すごくウザい。ネタ自体はそこそこ面白かったかもしれないけど、メモとか語り方のわざとらしさとか入り方とか、ものすごくうっとうしかった。この番組はバラエティ的進行無しにだらだらしゃべってる感じがいいのに。
あと次課長河本。ちょっと話が作りっぽく聞こえる。人のネタで笑ってる時もなんだかわざとらしい(相方井上の「本気で笑ってるとこあんまり見たことない」発言のせいか)。
有田と河本、昔は結構好きだったけど(次課長のコントなんて今でもすごく好きだし)、この番組以降はあんまり好きじゃなくなっちゃった。
あ、ちなみに上田は前から好きじゃない。

ネタが好きでも、この番組で喋るだけで(私ごときの)評価を落としてしまうとは。まったく恐ろしい番組だ。



…ちなみに、ラバーガールのコントってすごい好きなんですが…。売れて欲しいなあ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。