適当毎日の、ほぼ自分用日記のような…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブンブン・ルームって何なのよ編
2006年07月15日 (土) | 編集 |
風邪とはまだ格闘中。熱は少し下がってきたけど、まだ7分ほど。平熱が低いので辛い。

が、もちろん「クィア・アイ」は観た。

今回のターゲットは、昼間会社員、夜はスタンダップ・コメディアンのケヴィン。
この人、すぐいろいろ集めちゃう人らしく、部屋は物だらけ!
私も物が多くて収納に苦労してるので人のことは言えないけど、それでも一応収納はしてる。ケヴィンの場合は部屋にどっちゃり置きっぱなし。
足の踏み場もないようなすごい部屋になってて5人は唖然。
ケヴィンには6年付き合った彼女がいて(結構美人で性格良さそう。でもケヴィンの部屋には5ヶ月来ていないそうだ。そりゃそうだよね、あの部屋じゃいちゃいちゃも出来ん…)、今夜はプロポーズをしたいのだそうだ。
そのためにファブ5、ごちゃごちゃ部屋と格闘。

改造後、部屋はものすごく綺麗になった。
あれだけの物、まとめて捨てるだけでも大変だと思うんだけど、本当にどうして一日(しかも昼間だけ)で間に合うのか。
毎度トム君はすごいんだけど、何が一番すごいかって、部屋の主の趣味に合わせた造りにしてくれるところ。
ケヴィンは派手でヴィンテージっぽいものが好きだと理解して、自分では「ちょっと悪趣味?」と思いつつもケヴィンの好みに合わせた部屋に仕上げてた。えらいよトム!

最後には、ジェイが手配してくれた、いつもよりランクが上の劇場にコメディアンとして出演したケヴィン、そのあと無事にプロポーズ成功。
彼女もすごく喜んでてかわいかったけど、それ見て泣いてたジェイとカイアンと、ジェイを慰めてたトムがかわいい~!
しかしケヴィンのジョーク、あれ面白いんかな…? アメリカのスタンダップ・コメディは元々私とチャンネルが合わないからわかんないけど。
ま、幸せそうだったのでいっか。

今回一番愉快だったのは部屋の掃除中。発掘したメロウなレコード音楽に合わせて踊ってたトムとカイアン。
その後ジェイとカーソンも加わりメロドラマにまで発展してた。
縋り合いながら別れを演じるトムとジェイ。
ジェイ「チップ 置いてかないで」
トム「君は先に逃げるんだ」
ジェイ「1人なんてイヤ!」
トム「ここは汚すぎる!」
その横でカイアンとカーソンは別れを惜しむように手をつなぎ見詰め合ってた。
…だから、そういうことをやりながら、どうして半日で作業が終わるんだ…



カイアン:
今回はスキンケア指導は無し。その代わり、ヘアセットの手順が細かかった。スタイリングに3種類の整髪剤とか使ってたけど、私的にはどうもイマイチ…。ケヴィンって顔がシャープじゃないからな…。
トムとケヴィンの家具選びに付いてって、ホイットニー・ヒューストンの真似してたのが面白かった。でも似てるの?

テッド:
プロポーズのためにシャンパン選び。キャビアと一緒にシャンパンだよ、いいなあ。4種類からテイスティングして選んでた。シャンパンってカレーにも合うんそうだ、今度試そう。
買い物に出かけたトムたちに、「テッドはここに残って料理でも作って」と言われて「ここで料理?冗談」とすねてた。

ジェイ:
ケヴィンのためにいい劇場と先輩コメディアンの助言を用意。彼はカルチャー伝道師というよりショービズ界の人だから、こういう時は頼もしい。
プロポーズを見ている時の、自分がプロポーズされたかのような感激の表情がすごいなあ。
そのプロポーズの段取りを決める時の、「プロポーズ大作戦!」と言ってポーズとってる姿が、キッズアニメのオチャメな悪役みたいでかわいかった。
そして彼、グリーンも似合うな、うらやましい…(私はグリーン大好きだけど似合わないのであまり着ない)

トム:
あんた天才!(と、たぶん今後も毎回思うだろう)
最初は部屋が埃だらけでショックを受けてたけど、そんな時でも彼は楽しそう。
テッドがシャンパン選ぶ時、キャビアをつまみ食いしてたのがかわいかった。
それからプロポーズを見て泣いたジェイの顔を抱きしめてあげたり、トムってホントに素敵だなあ。結婚するなら絶対トムだ!(ゲイだけど)

カーソン:
いつものようにケヴィンに服選んであげてたけど、どうなんだろう、ケヴィンって何が似合うのかよくわかんないよ…。
でもヴィンテージ好きの彼のために、使えるシャツや靴を揃えてあげたりして、そのあたりはさすがって感じ。
ネクタイをベルトに変えるという荒業を披露。いいなあ、こういうの。
なんとなく、今回は大人しかった印象。部屋の埃にやられたか?(トムが家具を買っている間、カーソンとテッドとジェイが部屋の掃除をしてたので)



素敵になった部屋を、みんなが「ブンブン・ルーム」って呼んでたけど、それはいったい何のことやら?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。